私達ハシーグループでも、企業の責任としてSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」に向けた取り組みを始めています。 環境問題の取り組みだけではない、皆が働きやすくイキイキする楽しい職場を目指しながら、これからの未来に向けてより良い世界になるよう、一歩ずつ。こちらのページでは私達の取り組みについてお伝えします。

SDGsとは・・・2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた国際社会共通の目標です。

屋外ソーラーの設置

千葉県茂原市にあるハシーグループ新倉庫屋上には、ソーラーパネルを設置し電力の削減に努めています。小さなことかも知れないですが、不要な電気は消すというところから社内でも徹底し、必要最低限の電力のみで運用を開始しております。

中国・バングラディシュ工場でも、できることから少しずつ。

HASHY UNION PLASTIC& METAL PRODUCTS LIMITED & HASHY TIGER CO. LIMITED

廃材のリサイクル

不良品率を減らす

塗料のムダをなくす

プラスチック成形工程ではどうしても成形剤を流し込むルート(ランナー)が不要廃材として発生してしまいます。これらを回収、再度粉砕し再成形を行い、廃材ゴミの削減とリサイクルを行っています。

シンプルなことではありますが、成形不良や塗装不良などをできる限り減らす。これは一つ一つの作業を丁寧にすることにもつながります。現地のスタッフ教育からコツコツと。

通常、塗装部品にまんべんなくスプレーガン彩色するにはかなり広範囲での吹き付けを行わないといけないことから、可能な限り塗装ではなくタンポ印刷を率先することにより塗料のムダを減らします。

梱包材にも最大限の配慮を。

商品梱包は商品の見た目を美しくする目的の他にも、輸送時の破損を減らす目的もあり、あまり簡素化しすぎると不良品となってしまいます。私たちは過剰な包装をできる限り減らしながら、リサイクル再生紙などを使うようチャレンジを進めています。

◀︎現在試作テスト中のリサイクルパッケージ実例

2028年には、ハシーグループは創業100周年。

さらなる未来へ繋ぐためにできることを続けて参ります。

ハシーグループ一同